• 青汁よりもスムージーの方が美味しくて続けやすいと感じている。
  • 青汁は食感がないので、飲んでも満足できない。
  • 美味しい青汁と出会ったことがない。

青汁そば若葉のパッケージ

そんな風に感じている方にオススメの青汁「青汁そば若葉フルーツプラス」をモニターさせてもらいましたのでご紹介します。

 

私はこれまでに40種類以上の青汁を飲んできたのですが、今回ご提供いただいた「青汁そば若葉フルーツプラス」は飲んでみて衝撃を受けました。

シェイカーを使って「粉末」をしっかりと溶かしてから飲んでみたにもかかわらず、口の中に「つぶつぶの何か」が入ってきたのを感じたのです!!

噛んでみると・・・つぶつぶの正体はなんとリンゴ!青汁なのにリンゴの食感を感じて美味しいんですよ!

青汁サーチ管理人:タクヤ
こんな青汁は私も初めてだったので、本当に驚きました!まさか食感をプラスしてくる青汁が出てくるなんて・・・スムージー感覚で飲むことが出来ちゃいますよ。

助手:ゆきりん
スムージーみたいな飲みごたえだなんて・・・女子ウケいいと思う。ヒットしそうですね!

そんな「青汁そば若葉フルーツプラス」を飲んでみた感想や、お値打ちに購入する方法など、購入前に読んでおいて損はない情報をまとめてお伝えしていきます。

「青汁そば若葉フルーツプラス」を購入しようか迷われている方や、飲みごたえがあるスムージーのような青汁をお探しの方は是非口コミを参考にどうぞ。

青汁そば若葉フルーツプラスの口コミ|同梱物などのまとめ

青汁そば若葉のパッケージと特徴

まず最初に紹介するのは、青汁そば若葉フルーツプラスのパッケージです。

  • 大麦若葉、そばの葉を中心にリンゴ、バナナをプラス
  • 通常の青汁の約3倍の量の粉末
  • 農学博士が2年をかけて開発
  • 乳酸菌400億個
  • 圧倒的満足感
  • 食品添加物や糖分を無添加、そばの葉で体質改善

パッケージを見てみると、大体は青汁の特徴がわかるようになっているのですが、今回紹介する「青汁そば若葉フルーツプラス」の特徴としては上記の内容となりそうです。

青汁そば若葉の原材料

裏側をチェックしてみると、原材料が書かれています。

青汁をたくさん飲んできたのでわかりますが、大麦若葉やケールなどが最初に書かれておらず、大豆粉末が最初に書かれた青汁は初めてです。

畑の肉ともいわれる大豆の栄養を青汁「青汁そば若葉フルーツプラス」で摂る事が出来るのはメリットと言えそうです。

大豆と言えば、女性に嬉しい栄養と言われるイソフラボンも摂ることも出来るため、まるで豆乳を飲んでいるような感覚で青汁を飲むことが可能。

最近は、原材料の種類がやたらと多い青汁が多いのですが、こちらの青汁そば若葉フルーツプラスは、シンプルな内容となっているように思います。

  • 大豆粉末(北海道産)
  • りんご(信州産)
  • バナナ(フィリピン産)
  • 大麦若葉(鹿児島県産)
  • そばの葉(信州産)
  • ケール粉末(国産)
  • 桑の葉粉末(群馬県産)
  • 植物性乳酸菌(国産)

なお、産地についてもバナナ以外は全て国産になっているのも安心材料と言えます。

もちろん、商品名の通り、近年ポリフェノールの一種として注目されているルチンが含まれる「そばの葉」を使用している点も特徴的ですけどね。

内容量に特徴!11gは凄い!

青汁そば若葉の粉末量

続いて気になったのが、内容量です。

1包あたりの内容量が11gと普通の青汁の3倍近い量が入っているのです。

青汁の粉末量の比較

他の青汁をチェックしてもらえればわかりますが、1包あたりの内容量は3〜5gが一般的なので、青汁そば若葉フルーツプラスは飲みごたえのある青汁であることがわかります。

私が過去に飲んだ青汁の中で、最も1包あたりの容量が多かったのはサンスターが販売する粉末青汁という商品でしたが、それでも10gだと思うと・・・この11gも如何に多い量であるかがわかると思います。

販売元は株式会社ぷらんつさん、青汁ブログが特徴的

販売元は「株式会社ぷらんつ」さん。他にも何か商品を販売されているのかな?と調べてみましたが、こちらの「青汁そば若葉フルーツプラス」一本で勝負されている会社様のようです。

サイトをチェックしていて気になったのはブログ。

商品に同梱されていたコンセプトブックなどもPDF化されてアップしてあるなど、ユーザーとの距離感を大切にされている感じがします。

 

青汁そば若葉フルーツプラスの口コミ|味や飲み方

青汁そば若葉フツールプラスの美味しさの3つの理由

さて、青汁そば若葉フルーツプラスを開封していきます。

蓋の内側には、おいしさの3つの理由が書かれていました。

青汁そば若葉フツールプラスのコンセプトブック

中には、先ほどチラッと紹介した青汁そば若葉フルーツプラスのコンセプトブックが登場。

こちらを読んでおくことで、より青汁そば若葉フルーツプラスを楽しめるかと思いますが、私がポイントに感じたのは緑黄色野菜が50g以上摂れる事が大前提として作られた青汁となっている点。

野菜の1日の摂取目標は350g以上とされていますが、平均すると292gしか摂れていないとのこと。

そこを埋めるための青汁を目指したのが、青汁そば若葉フルーツプラスなので、毎日1杯を飲み続ける事で、健康的な体づくりをサポートしてくれるわけですね。

青汁そば若葉フツールプラスの冊子

続いて入っていたのは「こんな青汁、はじめてです!」という冊子。

青汁そば若葉フツールプラスの原材料

ここまでに書いてあったような青汁そば若葉フルーツプラスの商品特徴はもちろんのこと、原材料をイメージしやすい写真たち、基本的な飲み方、実際に飲まれた方の口コミ、他者青汁との比較などが書かれています。

青汁そば若葉フツールプラスの飲み方

こちらを一通り読んでおけば、青汁そば若葉フルーツプラスを美味しく、効果的に飲み続けることができるかと思います。

分包された青汁そば若葉フルーツプラス

青汁そば若葉フツールプラス

そして登場したのが、青汁そば若葉フルーツプラス。

内容量が多いからでしょうか、一般的な青汁の袋よりもかなり大きな印象ですが、持ち運びに苦労するようなものではありません。

青汁そば若葉フツールプラスの粉末

粉末を取り出して見た写真がこちらです。粉末を見ただけでは、ゴロンと入っているはずの「りんごのつぶつぶ」は見えません。

水割りで試してみた感想は「甘くて美味しい」

飲み方としては、水で飲むのがベストと書かれていましたので、まずは水割りでいただいてみます。

シェーカーがない場合には、コップに入れてよくかき混ぜないといけません。

青汁そば若葉フツールプラスの水割り

私はシェーカーを持っていましたので、コップに冷えた水と氷を入れてよく振ってからいただくことに。

結構強く振っておかないと、粉末がしっかりと溶けませんので注意が必要です。

青汁そば若葉フツールプラスの水割り

シェークした青汁は他の青汁とさほど変わらない印象ですが、内容量が多い分、濃厚な色合いとなっています。

香りは一般的な青汁と変わりありませんが、フルーティーな香りがします。

青汁そば若葉フツールプラスの水割り

プカプカと表面に「つぶつぶ」が浮いているのが見えるかと思いますが、こちらが「皮ごとカットされたリンゴ」。

自然に近い状態で乾燥させて、つぶつぶにカットされているようです。

時々口の中に入ってくる「りんごのつぶつぶ」。噛んでみるとまさにリンゴで驚いてしまいますが、この食感はまさにスムージーといった感じ。

私個人的には大変気に入った青汁になりました♫

青汁そば若葉フツールプラスの口コミ

シンプルな青汁を好む方には向いていないのかもしれませんが、飲みごたえがあって、スムージーのような青汁を探している方にはピッタリと言えそう。

牛乳で割って飲んでみた

続いて、青汁の飲み方の定番「牛乳割り」です。

青汁そば若葉フツールプラスの牛乳割り

シェーカーの中にいれた牛乳の上から「青汁そば若葉フツールプラス」を流し込んでみると、こんな状態です。

青汁そば若葉フツールプラスの牛乳割り

強めにシェークしてあげると、泡でモコモコになった青汁が出来上がりました。

味わいは水割りの状態でもフルーティーな感じだったので、牛乳の甘みもプラスされて飲みやすくなった印象。

ちょっとだけ香ばしい感じがするのも良い。

ただ、ちょっと驚きだったのは「水割り」の方が美味しいと感じた点です。

青汁そば若葉フツールプラス

ほとんどの青汁の場合、牛乳で割った方が美味しく感じるのですが、こちらの青汁そば若葉フツールプラスは水割りの方が美味しいんですよね。

しかし、牛乳を加える場合にはビタミンやミネラル、カルシウム等もバランスよく摂取する事が出来るようになるので、このあたりは日によって変えてみても良いかもしれません。

口コミのまとめと、購入方法

  • 青汁よりもスムージーの方が美味しくて続けやすいと感じている…
  • 青汁は食感がないので、飲んでも満足できない…
  • 美味しい青汁と出会ったことがない…

冒頭にも書かせてもらいましたが上記のような方は、ぜひ「青汁そば若葉フルーツプラス」を試してみてください。

きっと「つぶつぶリンゴ」の食感に驚かれるでしょうし、飲んだ後の満足感も満たされるかと思います。

 

価格は一回のみのお試しの場合には少々高めの設定となっていますが、契約回数の縛りのない定期便なら比較的お得。

ドラッグストアやスーパーなどの店舗、楽天やアマゾンでの販売も行っていない商品となりますので、気になった方は公式サイトをチェックしてみていただければと思います。

個人的にはサントリーの「極の青汁」がやはり美味しさではナンバーワンですが、つぶつぶの食感はなかなかですよ!

 

The following two tabs change content below.
青汁サーチ管理人:タクヤ

青汁サーチ管理人:タクヤ

約30種類もの青汁を試して「本当に美味しい青汁」を徹底調査した30代の男。元気が出なくて「栄養ドリンク漬け」になりかけた体を救ってくれた青汁のコトを、本気で愛しています!