乳酸菌といえばヤクルトですが、青汁も数種類販売していますが、「私の青汁」は、一番ベーシックなタイプで価格もお値打ち。

口コミ評価も高い「私の青汁」をご紹介します。

ヤクルトの乳酸菌は入ってる?どんな青汁なの

ヤクルトの青汁の商品ラインナップは、ざっくり4タイプ。

  1. オリゴ糖を配合した青汁
  2. すっきり飲める青汁
  3. ケールを使った青汁
  4. 手軽に飲める青汁

「私の青汁」は、2のすっきり飲める青汁タイプ。

なので、ヤクルトの乳酸菌やオリゴ糖は配合されていません。

私の青汁はこんな人におすすヤクルトや乳製品を毎日積極的に摂っている人。

普段から乳酸菌を摂り、プラスして青汁の食物繊維などの栄養を摂りたいと考えている方にピッタリです。

助手:ゆきりん
ヤクルトの青汁って聞くと、乳酸菌やオリゴ糖入りって思うけど違うんだね。

青汁サーチ管理人:タクヤ
便秘やお通じが気になる人は食物繊維にプラスアルファの効果を求めちゃうけど、食物繊維不足を解消するのがいちばんだよ。

私の青汁の成分と特徴は?

 

ヤクルト私の青汁契約農家で農薬・化学肥料不使用で栽培した大麦若葉が主原料。

ヤクルト自社工場のある、温暖な気候で豊かな自然に恵まれた「大分県国東半島」とその周辺地域の契約農家で、高品質な大麦若葉を育てています。

自社工場は品質保証の国際規格ISO9001、食品安全の国際規格FSSC22000、環境保全の国際規格ISO14001の認証及び日建栄協健康食品GMP適合認定を取得。

安全安心な自社工場で丁寧に搾って製造されたのが「私の青汁」です。

ヤクルト私の青汁主原料は、大麦若葉(大麦の出穂前の若葉)、βカロテン(抗酸化力)やミネラルの一種「鉄」(貧血予防)を含んでいます。

他に、水溶性食物繊維(レタスの約2倍)が、おなかの中を動きながら腸内細菌をサポートします。

水に溶けやすくするためにデキストリン(デンプン分解物)も配合。

βカロテン、鉄分、食物繊維が摂取でき、毎日の栄養補給におすすめです。

私の青汁の飲み方は?

粉末個別の包装で、1袋につき100ml程度の水やお湯、牛乳などに溶かして飲みます。

1日に1〜2袋が目安。

深い緑がきれいなサラサラな粉末。

まずは水で飲んでみました

ヤクルト私の青汁マドラーでかき混ぜ、10秒ほどできれいに混ざります。

ヤクルト私の青汁深い抹茶のようなグリーン。

一口飲んだ印象は「美味しい!あれ?乳酸菌入ってる?」と思ったほどまろやか。

「乳酸菌」が入っていないのに、このまろやさと甘さ。

「私の青汁」の評判の良さに「美味しい」「飲みやすい」という感想が多いのも頷けます。

ヤクルト私の青汁見た目は濃厚だけど、すーっと一気に飲みやすいです。

青汁の苦味は感じません。

水の量も少ない方が美味しいと思えるくらい甘い青汁なので、食前にプラスして1杯飲んでもお腹いっぱいにならないです。

朝や寝る前にグビッと飲みたい青汁です。

牛乳で飲んでみました

ヤクルト私の青汁すっごい甘くて美味しい!

ストレートで飲んでも甘い青汁が、牛乳と割ったら2〜3倍ほど、さらに甘さを感じます。

ヤクルト私の青汁青汁と言わなかったら、これは抹茶ラテと間違えるんじゃないレベル。

毎朝の習慣のヤクルトに、青汁ミルクの日を追加してもいいかも。

ヤクルト私の青汁砂糖が入ってないのに、ここまで甘く感じるのはすごいですね。

青汁の苦味を包み込んで、丸くまろやかにしている感じ。

ヤクルト私の青汁これ、2杯目おかわりしちゃいました。

私の青汁の値段と販売店

【内容量】
私の青汁120g(4g×30袋)1,500円(税別)
私の青汁240g(4g×60袋)2,500円(税別)

販売は、全国のドラックストア、薬局、スーパー、量販店。

通販は、楽天、アマゾンで購入可能。

※ヤクルトヘルシーフーズの通信販売はありません。

残念ながら、お試しトライアルセットや定期便もありません。

女性向けの美容を意識した青汁「ケールのめぐみ」「まろやかケールLパック」「葉っぱのミルクLパック」の3つの商品は、ヤクルトビューティエンスオンラインショップで購入が可能です。

「私の青汁」は、お値段もお手頃なので、家族みんなで楽しめますよ。

私の青汁の詳細

項目 内容
商品名 私の青汁
販売元 ヤクルトフーズ株式会社
販売価格 1,620円税込
容量 30包入り
1回あたりのコスト 約54円
定期便 なし
お試し なし
原材料 大麦若葉、水溶性食物繊維、デキストリン

 

The following two tabs change content below.
宮崎ゆき

宮崎ゆき

一人暮らしをキッカケに野菜不足に陥って肌荒れや体調不良を経験。それ以来、手軽に野菜の栄養を補える青汁に興味を持ち、現在は青汁サーチサイトの助手を担当。